【魔の6ヶ月】生後6ヶ月の赤ちゃんの成長と特徴

子育て

こんにちは!モーモーママです。先日ハーフバースデーを迎え、自分で出来ることが増えてくる時期に入りました。生後半年にもなると、不安定ながらも手で支えられながらお座りが出来たり、乳歯が生え始めたりと成長がたくさん見られて嬉しい反面、愚図りがひどくなったり、突然寝なくなってしまったりとお悩みのママもいるのではないでしょうか。

この時期の赤ちゃんの成長段階と子育てのポイントをご紹介します。

なぜ魔の6ヶ月と呼ばれるのか

「魔の6ヶ月」という言葉を聞いたことはありますか。

「魔の3週目」「魔の3ヶ月」など、3の倍数のときに赤ちゃんがぐずりやすくなると言われています。いずれも発達の節目にあたっていることからその名がついたそうですよ。

成長が著しく、自我もでてくる時期です。人見知りが始まったり、ママではないと泣き止まなかったり、新生児のときとは違う悩みがでてきていますね!

生後6ヶ月の赤ちゃんの成長の様子

身長・体重の目安

男の子

身長:63.6~72.1cm

体重:6.4~9.64kg

女の子

身長:61.7~70.4cm

体重:6.1~9.1kg

乳児期の身体発育の速さは、人生で最大の最速スピードです。生後1年で体重は3倍、身長は1.5倍にもなります。そんな乳児期も後半に突入しましたね。この時期は、寝返りやズリパイが出来るようになることから、運動量が増え体重の増加はゆるやかになってきます。それでも、体重の1日増加は約10~20ℊぐらいで、身長は1ヶ月に1cmぐらい伸びています。あまり変化がないからと心配することはありません。元気によく食べ、飲み、寝るようでしたら問題ありません。

離乳食と哺乳量と回数

生後6ヶ月になると離乳食も始まり、授乳量や授乳の回数の間隔に個人差が大きくみられるようになってきます。離乳食が順調に進んでいると授乳量がだんだんと減り、授乳間隔も空くようになってきます。それぞれの赤ちゃんのペースに合わせて授乳量や授乳間隔を調節してみてくださいね!!

母乳の場合

生後6ヶ月の母乳の授乳回数は、1日4~5回程度で3~4時間の間隔で授乳するのが目安です。離乳食を始めている場合は、離乳食後の授乳も回数に含めます。

ミルクの場合

生後6ヶ月のミルクの授乳回数や間隔は、1日4~5回程度で3~4時間の間隔で授乳するのが目安です。1回のミルクの量は200~220mlで、1日で合計1000~1200mlほどです。

離乳食を始めている場合は、離乳食後の授乳も回数に含めます。

離乳食後のミルクの量は80~160mlや目安となっています。

離乳食

5ヶ月で離乳食を始めた赤ちゃんは1回食から2回食に進める時期です。

食べる量も食べる食材も増えてきます。ここで気をつけてほしいことは「急に増やさない」ということです。

この時期の離乳食はたくさん食べることを目的にはしていません。

離乳食を食べる楽しみや野菜や魚本来の味や舌ざわりを楽しむことです。

離乳食を始めて1ヶ月たったから必ず2回食にしなくてはいけないということではありませんので、赤ちゃんの様子をみて無理なく進めていきましょう!!

息子は全然離乳食をたべてくれません。口すらあけてくれませんが焦らずゆっくり進めていこうと思っています。そろそろ2回食にする時期ですが息子の様子をみて始めようと思ってます!

睡眠

生後の6ヶ月の赤ちゃんの平均睡眠時間は、1日15時間程度です。

お昼寝の回数が1日2回になり始め、1回2時間ほどの睡眠時間をとるようになります。個人差があるので短い時間を何回かに分けてとる赤ちゃんもいますので寝ないからといって心配する必要はありませんよ!

そしてこの頃から夜泣きが始まる子もいます。夜泣きの原因は、はっきりわかっていませんが脳の発達や睡眠サイクルが整う過程で起こるものと考えられています。

また、この時期は乳歯が生え始める子も多いので、歯茎がむずかゆくて起きていまうことがあるようです。夜泣きが始まると寝不足になってしまうママもいるかもしれませんが成長の証だと思い見守ってあげましょう!

うちはまだ夜泣きは始まっていませんが、乳歯が生えてきたことによってむずかゆいようで私の指などをあらゆる物を噛んでいますよ。

手足の発育が進む

視力と手の動きが発達することで、止まっているものだけでなく、動いているものを上手に取れるようになります。指先も発達するので、布をひっぱったり両手でおもちゃを持ち上げたりと力強くなります。

息子は器用に足の親指をなめたりしてますよ!

人見知りがはじまる

人の顔をはっきり見分けられるようになる頃で人見知り始まる子も少なくありません。

おじいちゃん、おばあちゃんを見て泣き出したりと、ママが困ってしまうこともあるのではないでしょうか。

人見知りが始まったということは「成長の証」です。

ママやパパの区別がつくようになったり、初めて会った人や久しぶりに会う人が分かるようになったのです。人見知りも成長の一つですので赤ちゃんの不安な気持ちを受け止め、見守っていきましょう!!

体調不良をおこしやすくなる時期

いちばん身近な病気は風邪ですが、生まれてくるときに胎盤を通してママから免疫をもらうおかげで6ヶ月ぐらいまであまり風邪をひきません。

6ヶ月を過ぎるとママからもらった免疫がなくなり、体調を壊すことがあります。

そして、この頃から感染症に注意が必要になってきます。

できるだけ人混みはさけ、家族の方は手洗う・うがいを徹底し家庭内感染にも気を付けましょう!

兄弟がいて、保育園や小学校の通っているお子さんがいるとウィルスをもらいやすくなります。夏場であれば、ペルパンギーナや溶連菌、プール熱などが流行します。

冬場ならインフルエンザなどを発症しやすいので、赤ちゃんの様子に常に気を配り体調の変化を見逃さないようにしましょう。

  • 機嫌が悪い
  • ぐずって泣いてばかりいる
  • おっぱいの飲みが悪い
  • 離乳食を食べない
  • 眠りが浅く泣いて起きる
  • 元気がなくぐったりしている

こんな時は熱を測り、病院を受診しましょう!

赤ちゃんの平熱は大人より高いので、37.5度以上の場合を発熱しているといいます。

息子も先日、初めて熱をだしました。夜中に何度も起きいつもとは違う様子でした。朝方になると体が熱くなり、熱を測ると38.2分・・・

突発性発疹かもしれないと思いすぐ病院を受診しましたよ!

突発性発疹とは

突発性発疹とは生後6ヶ月からほとんどの赤ちゃんがかかる病気で、風邪の症状もなく突然38~40度ぐらいの高熱がでます。

中耳炎を起こしやすく、下痢を伴うこともあります。

熱は3~4日で下がり、その後2~3日後に身体に赤い細かい発疹がでます。

突然の高熱でびっくりしますが、赤ちゃんが元気にしていて機嫌良いことの方が多いようで、こまめに水分補給するようにしましょう!!

私の場合ですが、熱が高い時は、離乳食をおやすみして授乳の回数を増やしました!

唇が渇いて、縦にしわが出ていたら喉が渇いているサインです。

母乳やミルクだけでは脱水が心配なママは、ドラックストアなどに赤ちゃん用の経口補水液もあるのでそれを利用するのもいいかと思います。

赤ちゃんがぐったりしているようでしたらすぐにかかりつけ医に受診してくださいね!

まとめ

半年前に生まれたときにはフニャフニャだった赤ちゃんが座れるようになったり、ごはんが食べれるよになったりと日々の成長を感じられる時期です!

これから始めて記念も増えていくときですね!ハイハイした記念、歯が生えた記念、歩いた記念など楽しみが続きます!

ハーフバースデー記念にプロが撮影してくれる出張撮影を検討してみるのはいかがでしょうか?

スタジオに行くのはなかなか大変というお話をよく聞きます。

「Famm」では出張でお好きな場所で写真撮影ができます。家族とも思い出の場所や旅行先などさまざまな場面でお使いいただけることだけでなく、スタジオより自然な表情が撮れると大変人気の高いのもになっています!!

平均評価4.9★★★★

口コミ評価もとても高いです!

しかも写真データ75枚以上とボリューム満点です◎

コメント

タイトルとURLをコピーしました